2009年02月17日

今井絵理子、息子との生活を綴った初のエッセイを出版&4月29日ニュー・アルバム『うたごえ』リリース

SPEEDの今井絵理子が今月15日、東京・新宿の福屋書店にて、エッセイ「ココロノウタ〜息子と歩んだ4年間、そしてこれから〜」の発売記念イヴェントを開催、会場には約1,000人のファンが集まった。
 
今井絵理子は、エッセイにも登場している“ゆりかご”“...& smile”“おうちへ帰ろう”“ココロノウタ”などを含む、全13曲を収録したアルバム『うたごえ』を4月29日にリリースすることが決定している。
 
 CD+DVD盤のDVDには収録曲全ての映像が収められ、手話を交えて歌唱するライヴ映像なども含まれているとのこと。またソロ・ライブ〈elly LIVE 2009〜うたごえ〜〉を行うことも決定した。

 このエッセイはは、先天性の聴覚障がいを持つ息子の礼夢(らいむ)くん(4歳)と暮らしてきた日常の記録を綴った1冊となっている。

昨年の「24時間テレビ31『愛は地球を救う』」にてSPEEDの復活と共に明かされた事も記憶に新しいが、
番組内では伝えきれなかった事、息子とともに歩いた4年間の足跡と、これからの未来についてなどを書き下ろしているという。
 
 今井は「同じ境遇のお母さんの本を読んで未来を見出した経験があるため、自分も同じ境遇の人の道しるべになれれば」と執筆の動機を説明した。
「息子が大きくなったときに手渡して、感想を聞きたい」とも語ったという。

posted by hiro at 22:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。