2009年05月12日

今井絵理子 ベストマザー賞を受賞

昨年の『24時間テレビ』ではSPEEDの復活と聴覚障害を持つ長男の礼夢君と共に出演するなど、母親としてのイメージも定着している今井絵理子さんが、発表が10日に行われた日本マザーズ協会によるベストマザー賞2009の同賞の「音楽部門」にSPEEDの今井絵理子(25)が選出された。

今井絵理子さんは、授賞式で聴覚障害を持つ人々にも向け、手話でスピーチを行った。

 今井は11日に更新した日記で同賞の受賞について「母親としてもまだ未熟な私が、こんな大切な賞を頂いてもいいのだろうか? もっと素晴らしい母親はたくさんいるということ。たくさん考えました」と複雑な気持ちを持ったことを明らかにした。

 しかし、この賞はあくまでも「お母さんたち」が選んだ賞でもあり、民主的かつ正直な気持ちが票につながったことを知った今井はこれまで支えてくれた多くの人々に対する恩返しの意味も込め、手話でスピーチをしたのだという。

 そして、常に今井と礼夢君の周囲に存在する数々の笑顔については「それは私だけではなく、たくさんの方々の支えがあるからこそだと改めて感じました。
応援して下さっているみなさんの笑顔も、私たち家族の笑顔もすべて繋がっていると思っています」と支えてくれる人々への感謝を述べると同時に、今回の受賞を喜んだ。

これからもいい母であり、国民的アイドルが世界中に笑顔と勇気と歌声を届けていってくれることを期待したい。
posted by hiro at 23:38| 今井絵理子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

アルバム発売記念ミニライブ開催 今井絵理子

SPEEDの今井絵理子さんが、ソロアルバム『うたごえ』の発売記念として、リリース当日の4月29日(水)、タワーレコード渋谷店にてスペシャルミニライブを開催した。

今回発売のアルバム『うたごえ』は、元夫の175R・SHOGO、SPEEDのプロデューサー・伊秩弘将、作家で元ECHOESのボーカル・辻仁成らが楽曲を提供した。

DVDには、聴覚障害をもつ息子との生活で習得した手話を交えたライブ映像が収められ、以前にも言っていた“目と心で聴く音楽”を体現している。

 アルバムを購入したファンを前に行われたインストアライブでは、手話を交えて5曲を披露。

終了後には、アルバム購入者全員にオリジナルメッセージカードを配り、一人ひとりに感謝の言葉をかけるなど、温かい雰囲気に包まれた。

posted by hiro at 23:17| 今井絵理子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

『うたごえ』が、4月29日にリリース

今回のアルバムは、今井絵理子がこれまで歩んできた道のりで感じた共生の大切さ、出逢いへの感謝、そしてこれから歩む道に向けての決意をありのままに詰め込んだという作品。

今井絵理子の著書『ココロノウタ〜息子と歩んだ4年間、そしてこれから〜』にも綴られている「ゆりかご」や、押尾コータローのアコギのみによるアレンジが光る「...& Smile」、インディーズ時代の代表曲ともいえる「おうちへ帰ろう」など全13曲を収録。すべてにおいて、彼女の持つ優しさや母親としての大きさが伝わってくるような、温かいアルバムになっている。elly_s.jpg

うたごえ(DVD付)
今井絵理子
収録曲は、彼女の息子・礼夢君の父親でもある175RのSHOGOや、元ECHOESのリーダー辻仁成、そしてSPEEDのプロデューサー伊秩弘将といったアーティストが楽曲を提供。これら楽曲にelly(=今井絵理子)が歌詞を乗せているほか(「アイダ」は辻仁成が作詞作曲)、彼女自身も8曲の作曲を手がけている。

そして本アルバムCD+DVD盤のDVDには、収録13曲すべての字幕付きの様々な映像を収め、手話を交えて歌唱しているライヴ映像も収録。障害を持つ息子のため、そして障害を持つすべての人のために今井絵理子が挑戦している “目と心で聴く音楽” を体現した作品だ。

なお、彼女が所属するSPEEDも、5月27日にニューシングル「S.P.D」のリリースを予定している
posted by hiro at 01:02| 今井絵理子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。